• トップ /
  • 小学校の受験対策に適した書籍

受験対策に役立つ書籍を選ぶ

小学校受験を目指すなら、子どもに適切な書籍を与えて準備する必要があります。現在、都心部を中心として多くの幼児教室や塾がありますが、小さい子どもの勉強には家庭での学習も大切です。しかし家庭で学力に合わない書籍を与えても効果がないばかりか、子どもに劣等感を与えることにもなってしまいます。受験勉強は楽しい方が効果的なため、面白く学べる書籍を選んで子どもに与える必要があります。学ぶ楽しさが感じられる優秀な教材も数多くあり、実績のある教室で使用されています。また情報雑誌には、評価の高い塾や書籍が紹介されています。子どもの発達段階に合った教材なら、幼児期の能力を効果的に高めてくれます。さらに小学校にも高校や大学のように偏差値があり、高い偏差値の小学校を受験するなら、やはり2、3歳から準備を始めると良いです。ドリルや書籍だけでなく、模擬試験を受けてみると学んだことが身に付きます。ただし小学校受験はペーパー試験だけではありません。グループ遊びによって、リーダーシップがあるかどうか、協調性は問題ないかなどを観察する試験もあります。この対策としては、幼児教室や受験専門の塾で指導を受けることも良い方法です。

↑PAGE TOP