受験は進学予定を見据えて

受験の中でも特に大変なのが、小学校に入る為の試験及び、その他の付随する行事です。実際に試験を受ける本人がまだ幼稚園児であるという事から、うまくコントロールしてあげる必要があります。有名私立小学校への入学は狭き門で、受験には様々対策が必要とされます。学科試験に当たるテストは、クイズの様な雰囲気ですが子供にとっては頭を使わなければ解けない問題です。これには、同様の問題を繰り返し解かせる事でパターンを認識させ、同時に自分で考えるという習慣を付けてあげる事が重要です。近年はこの自分で考える力という点が非常に重要視され、小学校受験でも高得点の対象となっています。また、その先にある中学、高校、大学と、最終的な進学予定も考えて受ける小学校を選ばなければなりません。私立の小学校はそのほとんどが大学までの一貫教育を行っていたり、または特定の国立大学などへの進学率の高い事を売りにしている為、受験の段階から何年も先の進学予定は必ず視野に入れておく必要があります。子供の個性や能力はもちろん、受験のテクニックや、今後の進学予定の希望など、様々な要素を総合的に判断するのが、成功の秘訣です。多くの判断材料から的確に現状を見極めましょう。

↑PAGE TOP